友達に騙されてデブ風俗嬢と...。

だからこその執念なんです

風俗だけは執念というか執着心と言うかこだわりと言うか、いろいろな気持ちが出るものなんですよ(笑)他の事、例えば仕事なんて別に何も思わないんです。もっとこだわった方が良いだろうって思われるくらい、どうでもよいんです(笑)だってどれだけ頑張ったところで給料が上がる訳でもなければ、ルーティンワークをこなしているだけなので失敗するようなこともないんです。そこに自分のパーソナリティーは求められていないんです。だから仕事をしながら風俗のことばかり考えていますよ(笑)次はどのジャンルにしようかなとか、前回の反省を踏まえて次は誰を指名しようかなとか、リピートしようかなとか。裏を返せばそういった事を考える以外、何もすることがないほど仕事が退屈ってことなんですけど、そのこだわりはしっかりと形にさせてもらっています。むしろそういったこだわりを持つことによって、自分の中でのテンションが高くなる部分もあるだけに、何気に重要です。

回転率、早くないですか?

ピンサロの良い所は風俗の中で最も回転率が速いんじゃないのかなと思えるところです。他の風俗よりも明らかに早いような気がするんですけど、回転率っていわばお客をどれだけ裁けるかじゃないですか。じゃあその指標はどこにあるのかっていったら単純です。プレイ時間です。「一人待ちです」となった時、何分コースのお客なのかによって待ち時間は変わりますけど、ピンサロなら基本的に短いコースが多いじゃないですか。30分はおろか、それ以下の所もありますので、一人並んでいると言われても20分か30分ってことですよね(笑)これが他の風俗の場合、一人と言ってももしかしたら120分コースとかの可能性もあるじゃないですか。そうすると自分の出番が回ってくるまでの時間に雲泥の差がついてしまうのはある意味では仕方ないんじゃないのかなって思うんですよね。だから風俗で遊ぶ時には、待ち時間も考慮するとピンサロこそ、何よりも手軽に楽しめるのかなって。