友達に騙されてデブ風俗嬢と...。

マゾと性感マッサージの話です

自分自身マゾであることは自覚しているんです。だから風俗に行ったら必ず女の子に攻めてもらう側となって楽しんでいたんですけど、それならその部分に特化した風俗でってことで先日性感マッサージデビューをしてきたんです。性感マッサージに関してどのような風俗なのかはイメージでしか知りませんでした。でも実際に遊んでみると、性感マッサージこそ自分にとって理想そのものと言っても良いかもしれないなと。相手のOちゃんの流れるようなテクニックを楽しむことによって、マゾな自分は終始最高の時間になりました。受けているだけでも全然楽しかったです。自分が攻めてもらいたいなって思う部分を上手く攻めてくれるじゃないですか。しかもこちらのことまでちゃんと見てくれているってことなのか、ちょっとした反応も見逃さないんですよ。それらが凄いなって思ったので、性感マッサージはこれからもっともっとお世話になりたいなって思った風俗なんですよね。

風俗こそ非日常そのものだなって

非日常と言うのはいろいろな所にあると思いますけど、風俗がその際たるものなんじゃないのかなって思うようになりました(笑)冷静に考えると女の子を選んで、さらにはその女の子が自分のために尽くしてくれるその世界観は自分をはじめ、多くの人にとって「非日常」そのものなんじゃないですかね(笑)しかも非日常でありながら自分の好きなタイミングで遊べるじゃないですか。細かいことを挙げれば挙げる程に、風俗って男にとって理想そのものと言っても決して過言ではない世界が繰り広げられているんじゃないのかなって思うんですよ。日常生活から離れるというか、日常生活のことを忘れさせてくれるのも風俗じゃないですか。性的な欲求を満たすというだけじゃなく、気持ちにいろいろなものをもたらしてくれるのが風俗何じゃないのかなとは思いますよね。だってそれがあるからこそ、自分もついつい遊ぼうかなって気持ちになると思うんですよね。その点では本当にありがたいです。