友達に騙されてデブ風俗嬢と...。

いつかという気持ちから…

いずれは風俗で遊んでみたいって思っていたんですけど、その思いをつい最近叶えることが出来ました。実際に遊んでみるとそこまで大げさではないというか、自分でもそこまで深く考えずに遊べるんだなって。もっとハードルの高いものだと思っていたんですよね(笑)遊ぶためにはそれなりに風俗のことを調べておかなければならないんじゃないのかとか、どうすればより楽しめるのかとか、遊んだことがない分、どうしても想像力が膨らんでしまっている部分があったのも事実なんですよね。でも実際に遊んでみると、あんまり堅苦しいことを考える必要のない世界だなということに気付かされました。むしろこれぞ自分が求めていた世界そのものなんじゃないのかなとさえ思っています。好きな時に自分の都合で女の子に奉仕してもらえるこの世界観は、自分にも合っているんじゃないのかなって思ったくらいですしね。だからこれからは気軽に風俗で遊んでいきたいなって思っています。

なぜかいつも楽しいからこそ

自分にとってですけど、風俗は気持ち良さよりも楽しさの方が上回るなって思うんですよね。もちろん気持ち良い時間であることは紛れもない事実なんですけど、気持ち良さだけじゃなくて楽しさも待っていると思うんです。女の子とのちょっとしたコミュニケーションや、そのコミュニケーションから生まれた信頼が更に二人の距離感を縮めてくれるじゃないですか。そういったことも含めて、すべての面で風俗ってとっても楽しいなって気持ちにさせられるんですよ。これって、実際問題かなり大きいというか、風俗だからこそ出来ることでもあるんじゃないかなって思うんですよね。むしろこれは風俗でなければきっと出来ないことだと思うので、重宝させてもらっています。冷静に考えても、快感と楽しさの両方を味わうことが出来るサービスなんて、本当の意味で風俗だけなんじゃないかなって思いますし、男にとって実はとっても大切なものなんじゃないかなって思いますよね。